A.N.Sガーデニングショップ

長い花穂にたくさんの花を付ける デルフィニウム コバルトブルー

440円(税40円)

在庫状況 sold out

絵の具でにじませたような、淡い色のお花です。


長い花穂をまっすぐ伸ばしたくさんの花を咲かせる姿は雄大で、


遠くからでも人目を引きます。


デルフィニウムはヨーロッパを中心として分布する多年草です。

夏の暑さに弱く花後に枯れてしまうことが多いので、日本では秋まき1年草として扱うことが多いです(冷涼地では比較的容易に夏越しできます)。



デルフィニウムはどちらかというと寒冷地向きの草花です。








【場  所】日当たりの良い場所で育てます。

ただし、夏の暑さや日射しに弱いので7月〜8月は半日陰の場所に移動させるか日除けを行います。

地植えの場合は地温の上昇を抑えるために敷きワラなどを行います。

また、西日の当たる場所も避けた方がよいでしょう。

ただ、冷涼な気候を好み、暑さには非常に弱い植物ですので夏前に枯れてしまうことも良くあります。
 

耐寒性の強い植物ですので、特に防寒対策は必要ありません。




【水やり】土の表面が乾いたら、たっぷりと水を与えましょう。

水をやる際は花や葉や茎に水がかからないように気を付けましょう。



【そのほか】春になって花茎が伸びてきたら倒れないよう、早めに支柱を立てて上げましょう。

つぼみが見えてきたら花茎にかぶっている下葉を取り除いて株元に近いつぼみにまで良く日光が当たるようにします。
 

1番花が咲き終わったら株元で茎を切り戻し、株元から出ている勢いの強いわき芽(シュート)を2〜3本残して細い枝などを取り除きます。

その後、わき芽が成長して最初の開花から2ヶ月後には2番目の花を咲かせます。

この作業を繰り返すことにより秋まで3番花、4番花と続けて楽しむことができます。



サイズ 10.5僖櫂奪